Saint-Petersburg, RUSSIA +7(981)794-1495
  • Text Hover
ペテルゴフ
ピョートル大帝夏の宮殿
ガイド・ツアー・入場予約
サムソンの噴水 夏の宮殿 庭園 高速艇

 

夏の観光シーズンのペテルゴフはペテルブルク観光の中でも難易度の高い場所です。

ピョートル大帝の夏の宮殿と庭園は世界遺産に登録された施設でペテルブルク観光では外せない名所です。ペテルブルク市街から交通機関を使って1時間以上。せっかく現地に着いても宮殿に入るための長蛇の列。結局入場をあきらめて帰るしかなかった。。。そんな残念なケースがあります。時間を無駄にせず、効率的かつ確実に宮殿に入るためにもぜひご相談ください。
無駄な時間をかけずに最短で観光できます。

行きと帰りの交通機関の選択、宮殿チケットの列、もしかしたら宮殿に入れないかもしれません。または宮殿に入るために丸一日貴重な一日がつぶれてしまう可能性もあります。

そうならないためにも、現地を知り尽くしたガイドに同行してもらうことがとても大切です。到着してすぐ庭園を観光。その間に宮殿のチケットも取得してもらって、開館とともに宮殿へゴー! 帰りは高速艇であっという間に市街へ戻って、それから十分市内見物の時間を確保できます。
  • ご要望に沿ったロシア人を手配します。

    はじめまして! ロシア・サンクトペテルブルク在住のおがわと申します。私は日本語を教えたり、クラシック関係の本を翻訳(「ユーリー・テミルカーノフ モノローグ」2018年2月日本で出版。自費ではなく商業出版です)などをしつつロシア、サンクトペテルブルクにおよそ4年間住んでいます。 これまでの3年間ほど日本からご旅行でいらっしゃる日本の皆様をサンクトペテルブルクの各観光地へご案内してきました。その過程でプロとして観光に携わるロシアの仲間もでき、自分も多くのノウハウを蓄積してきました。そのコネクションと知見を活かして本格的に日本人のロシア観光のお役に立ちたいと思い、このサイトを立ち上げました。まだまだ至らない点はあると思いますが、日本の大手旅行代理店の現地丸投げツアーとは一線を画するキメの細かいサービスで多くのお客様に喜んでいいただいています。 簡単に私自身の紹介をいたします。ロシア語は勉強を始めて20年になりますが、ずっと独学だったためいまでも勉強の毎日です。 これまでメキシコやウクライナで働いてきましたが、完全にフリーランスで長期滞在するのはサンクトペテルブルクがはじめてです。 生粋の日本人ですが感覚がずれてしまっているところもあり、ほとんどロシア人と言われることがあります。 根は単純なのでひと様のためになることや喜んでもらえることはなんでもやってあげたい人間です。

  • ご連絡ください。

    いったん引き受けたからには最大限ご希望が叶うよう頑張りたいと思います。ですのでご希望・ご質問は細かなことまで含めてなるべく事前に振っておいていただけると下調べができるので助かります。当日、お会いした時点で「こうしたい」と相談されても厳しい場合もありますし、できる場合でもそこから調べたり人に聞いたりで時間がつぶれてしまいもったいないですので。 余談になりますが、ここ数年でお話しできそうなネタとして以下のようなことがありましたので、ご興味があれば振ってみてください。移動中の暇つぶしの余興くらいにはなるかもしれません。 ●オンボロ病院に入院した話 ●夜中にアパートの酔っ払いが暴れた話 ●学校を開いて3か月でつぶれた話 ●翻訳したサンクトペテルブルク・フィルの指揮者の本の話

高速艇

エルミタージュ美術館前からフィンランド湾を横切って1時間で直接ペテルゴフの庭園まで到着します。
オプション

  • From $249.0 / Night
高速道路からの絶景

新しくできた高速道路はまるでジェットコースターのような見晴らし。湾岸に見えるペテルブルクの別の表情を楽しめます。
  • From $119.0 / Night
噴水の地下洞窟

高くまで水を噴き上げる噴水の仕組みに使われた技術を見ることができます。浦和側から見る噴水はまた格別です。
ペテルゴフのみどころ

サムソンをはじめとする150以上の噴水
上と下の庭園
フェリー高速艇
ピョートル大帝夏の宮殿
人工洞窟と噴水の裏の博物館
各博物館
  • Text Hover

サンクトペテルブルクの郊外の見どころの一つであるピョートル大帝の夏の宮殿は観光客が殺到する人気スポットです。混雑に巻き込まれて思うように観光できなかった・宮殿に入れなかったなどということがないように私たちが全力でサポートいたします。
みどころ

  • サムソンの噴水

  • 庭園

  • 夏の宮殿

  • 人工洞窟

  • フェリー

サービス

  • 最短ルートのご案内

  • チケット予約の手配

  • 様々なオプションの提案

連絡先

Liteyny Avenue 30, r.14
Saint-Petersburg, Russia
Phone: +7(981)794-14-95
E-Mail: japan2spb@gmail.com